J-STARの投資

課題解決

投資ソリューション

日本の中堅・中小企業が直面する課題に対するソリューションの一例です。

日本の中堅・中小企業は総じて創業者依存度が高く、創業社長の多くが事業承継を課題と感じています。また 、最近では高齢化による事業承継に限らず、若年創業社長の早期継承も増えてきています。例えば、短期間で一定の成長を遂げつつも、次のステップへ企業を導くことが困難と感じ、パートナーを模索したり、または、他の事業意欲がわき、現在の事業を売却する等、ケースは様々です。J-STARはこれら様々な状況に応じて、後継経営者の内部承継、外部招聘双方に対応した適切な後継経営体制プランをご提案し、特定個人に依存しない永続企業を役職員の皆様と一緒につくっていくための支援を行います。

過去事例)株式の過半数を創業社長から取得しつつ、創業社長とともに次世代後継者の育成を図ることにより、計画的かつ段階的に創業者依存度を下げる承継プランの実行を支援した(内部承継)。

過去事例)創業期からの急拡大を成し遂げ、個人経営の限界を感じた創業者から相談を受け、成長期の事業運営に相応しい新経営陣を招聘し、株式の取得と合わせて経営のスムーズなバトンタッチを支援した(外部招聘)。

IPOを目指し、役職員をはじめベンチャーファンド等で株主を構成した後、事業環境の変化や 上場維持コストなどの観点からIPOを断念することがあります。このようなケースでは保有株式の現金化を求める株主・役職員等に対し、売却機会を提供します。

過去事例)ベンチャーファンドや役職員等(計85名)の少数株主から株式を買い取り、過半数を取得。少数株主持分の現金化を実現するとともに、企業が本業に注力できる環境づくりを行った。

収益源の多様化を進める中で本業外の失敗を理由に、過剰債務に陥った企業や、足許業績は好調であっても、過去の事業の失敗等により過小資本状態で顧客や金融機関からの信用力が低いケース等において、優良部門の切り出しや、資本導入等のサポートを行います。
過去事例)本業は堅調であった企業が飲食業や株式/不動産投資などで失敗して過剰債務に。本業を再生手続きの枠組み の中で切り出して支援した(優良部門の切り出し)。

過去事例)過去の失敗事業による損失から実質的な債務超過に。新規資本を注入することにより自己資本比率の是正を図った。また、グローバル連結など対外説明責任を果たせる体制を構築して金融機関の信用回復に努め、既存ローンの見直し・借り換えを行うことにより、債務コストを軽減した(過小資本の是正)。

企業が運営を続ける過程で、オーナー一族内で株式が承継された一方、経営面はオーナー一族外の方に引き継がれるケースがございます。このようなケースでは、企業の所有と経営が分離しているため、迅速な意思決定など経営の執行に支障が生じている場合があります。J-STARは経営陣のスポンサーとして株式の買い取り資金を提供することにより、経営体制強化を支援致します。
過去事例)オーナー急逝に伴い、株式を企業外のオーナー親族が保有している状況。株式の買い取り資金を提供すると共に、人材/組織体制を立案し、新たな資本構成下での経営体制構築を支援した(経営陣によるマネジメントバイアウト)。

過去事例)上場企業の同業である100%子会社が上場を目指すに際して、親子上場問題を回避するため、子会社側の経営陣をJ-STARがスポンサーする形でマネジメントバイアウトを支援した(子会社経営陣による独立支援)。

成長ポテンシャルのある企業や事業に対して成長資金を供給します。

過去事例)売上成長のため、営業所を新規で開拓。また、他社を買収することで成長のプラットフォームを確保。資金面とリサーチにおいてサポートを行った。

事業サポート

J-STARが投資し、経営にかかわることで、様々なサポートを投資先企業に提供いたします。いくつかの事例は下記の通りです。

特に、金融業界における豊富な経験と人脈を活かし、M&A等による事業拡大のサポートを行います。

日本の人口が減少する中、市場規模もまた縮小傾向にあります。そんな中、海外に成長機会を模索する企業が増えています。海外での事業拡大には多くの壁があります。文化や法律の違いのみならず、物理的に拠点感の距離が離れていることによるコミュニケーション不足等、海外進出を進める企業の多くが直面する課題の解決サポートを行います。

必要人材の外部からの獲得・プロパー社員の育成を、会社経営陣と一緒になって、株主/社外取締役としての視点からサポートさせて頂くことで、より多面的な経営幹部層構築の支援を行います。

事業拡大を進める中で、工場や営業所の拡充や人材確保、また、受注の増加に重点を置いた結果、不要なコストを抱えるなど、不採算案件等に悩まされることがあります。最適化を進めることで、目指す成長の中で必要な資源・受注を見極め、より効率のよい経営を行うことができます。